行く・見る・信州

信州ハンター

 

林檎を狩るモノたち

リンゴとは

今回はこれを狩りますよ
リンゴの果実は直径約3cmから15cmで、色は赤や緑色をしている。
現在7500種類以上の品種が栽培されている。
原産地はカザフスタン南部、中国の新疆ウイグル自治区など
中央アジアの山岳地帯、カフカスから西アジアにかけての寒冷地だといわれている。

信州フルーツランド信州中野店

食事もできます 土産も売ってます
信州フルーツランドはいいところ。
ドライブインのようになっていて食事もOK。お土産も売っている。
農産物直売所ではりんごはもちろん、ぶどうなども販売している。
住所:中野市草間1356-1
自動車利用:信州中野ICから1km 1分
鉄道利用:長野電鉄長野線信州中野駅下車タクシー15分
リンゴ狩りは、8月中旬から11月下旬まで行える国民的行事だ。
ちなみに今回行ったときは、「あかぎ」という品種だった。
お値段は480円で食べ放題コースと
840円で3個お持ち帰り+食べ放題コースと
1580円で1篭(10個くらい入る)+食べ放題コースから選択できる。
子供料金も設定されているのがうれしい配慮だ。
食べ放題の時間は30分だが、多めに見てくれるようだぞ。

そして狩り場へ

迷わず行けよ、行けばわかるさ これはまだとっちゃダメ
予備知識を十分に蓄え、受付を済ませたら案内人に従って狩場へ。
今回のターゲットは「あかぎ」だ。
「あかぎ」のとなりには、「ふじ」も待ち構えていた。
しかし、こいつは取ってはいけない。まだまだ育っていないのだ。
キャッチアンドリリースでもダメだぞ。ルールを守れない奴はハンター失格だ。

狩り開始!

リンゴの群れが現れた 高いところはオレを使え!
狩り開始!
さすがにリンゴの木は大きい。強敵だ。
手の届くところにもリンゴはあるが、かなり高いところにもリンゴはある。
しかし、高いところにあるリンゴをとりたい時も心配は無用だ。ちゃんと脚立が用意されているぞ。

もぎたてのおいしさ丸かじり!

少し磨くとツヤがでます 美味いにきまっているでしょ
まるで作り物のような美しさ。真っ赤なリンゴは3倍うまいぞ!

簡単に皮がむけるよ 劇的ビフォー・アフター
獲り立てのリンゴはやはりおいしい。
受付で渡された皮むき器で皮むきだ。これを使うと簡単に皮がむける。
皮はむいた方が食べやすいぞ。
さすがにリンゴは一度に何個も食べれない。
「ふじ」などに比べると小ぶりではあるが、やはりでかい。
二つも食べるとかなり満腹になる。食べ過ぎに注意だ!!

信州ハンター教官からの一言

採りたてをその場で食べるのが一番おいしい!
品種が多く、狩りの時期が長いのも魅力的だ。
長野からのお歳暮(贈答)にも最適だぞ。
次回はもみじ狩りだ。長野の紅葉フォトジェニック。
油断せずに気を引き締めていけ!

コメントの投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバックURL

http://www.isl.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1314

サイト内検索

twitterTwitter

最新ブログ記事

2015年10月09日

信州湯けむりぶらり旅 諏訪編

白骨温泉公共野天風呂

2015年10月08日

信州湯けむりぶらり旅 松本編

乗鞍 湯けむり館

2015年10月01日

信州湯けむりぶらり旅 松本編

ホットプラザ浅間

2015年09月29日

道の駅徹底解析

木曽福島

2015年09月25日

道の駅徹底解析

木曽川源流の里 きそむら

アクセスランキング

ISL 情報戦略研究所

pagetopこのページの先頭へ戻る