特集PC技術

iウィジェットを作ってみよう!

iウィジェット を無料開発環境で作成することを目指します。

[第1回]iウィジェット開発準備

セキュリティの警告 iウィジェットとは 必要な環境 インストール! iウィジェットとは この連載では、無料開発環境でiウィジェットを作成することを目指します。 iウィジェットとは、2008年冬モデルのNTTドコモの携帯電話端末から始まったサービスで、iウィジェットボタンひとつでミニアプリを複数起動できます。ミニアプリは最大8個まで自由に追加・変更できます。アプリケーションサイズはフルアプリより小さく、利用できる機...

[第1回]iウィジェット開発準備の続きを読む

[第2回]iアプリ開発ツールの使い方

新規作成 iウィジェットの仕組み プロジェクトの作成 フルとミニアプリの連携 iウィジェットの仕組み iウィジェットはミニアプリですが、フルアプリと連携して一つのアプリと扱うことができます。ミニアプリとフルアプリは連携して切り替えることやスクラッチパッドの共有等が可能です。ミニアプリはデータの一部表示や情報更新向きで、フルアプリは広い画面を利用して一覧表示や詳細な設定をさせるような使い方が向いています。ミ...

[第2回]iアプリ開発ツールの使い方の続きを読む

[第3回]iウィジェットのフルアプリ作成

フルアプリ実行 時刻表アプリを作る フルアプリの作成 ADF設定 実行結果 時刻表アプリを作る iウィジェットはミニアプリとフルアプリとを連携させて一つのアプリと扱うことができます。フルアプリでは広い画面で入力や確認ができる時刻表アプリを作ってみます。ミニアプリではフルアプリで入力した時刻表の直近の列車を表示するアプリを作ってみます。2つのアプリを連携させて1つのiウィジェットを作ってみましょう。 フルアプリの...

[第3回]iウィジェットのフルアプリ作成の続きを読む

[第4回]iウィジェットのミニアプリ作成と連携

ミニアプリ実行 ミニアプリの作成 ADF設定 実行結果 iウィジェットの連携 ミニアプリの作成 現在時刻と次の電車の時刻、その次の電車の時刻を表示します。デフォルト表示するデータはフルアプリで最後に表示された路線です。キー操作で別の路線の時刻を表示します。ソースコードはこちらからダウンロードできます。 MainCanvasクラスとMainCanvas関数 ミニアプリ起動時に最初に呼ばれるメイン関数です。 cla...

[第4回]iウィジェットのミニアプリ作成と連携の続きを読む

ISL
地図からみる信州情報

サイト内検索

twitterTwitter

最新ブログ記事

2014年09月11日

Swiftを試してみようなう。

第2回 Swiftで制御文を使うなう。

2014年09月08日

Google Chrome OSを使ってみよう

Google Chrome OSを使ってみよう

2014年09月07日

Androidアプリ

第1回 開発環境の構築

2014年09月04日

Swiftを試してみようなう。

第1回 Swiftの変数やデータを使うなう。

2014年08月28日

サーバーサイドJavaScriptの図書室

9冊目 node.jsでArduinoを使う。

アクセスランキング

ISL 情報戦略研究所

pagetopこのページの先頭へ戻る